看護師になるための最短コースとは

将来は手に職をつける方が安心だと言うことで看護師を目指している方も多いでしょう。
看護師になるには高校を卒業後に大学や短大、専門学校で専門知識を学び国家試験を受ける必要があります。
中学生の時点で明確に看護師になりたいと思うなら看護科のある高校で学ぶという選択肢もあります。
この方法なら高校の看護科で3年学ぶことで、卒業時には准看護師の受験資格が与えられます。
准看の試験に合格したのち希望すれば18歳で准看護師として病院等で働くことも出来ますし、さらに専攻科に2年間通い看護師の国家試験を受けることも可能です。
高校の看護科に通う進路は最短で看護師になれるので、早く一人前になって現場で働きたい人には良い方法です。
高校では通常の一般科目と看護師としての専門教科の両方を学ぶことになるので、かなり忙しいです。
ですがハッキリと将来の目的が決まっている人には一番早く看護師になれるので魅力的な進路だと思います。

看護師の転職事情

看護師の仕事は今も昔も人気があります。専門の学校を出て国家試験に合格しなければならず、その道は決して平坦なものではありません。それでも多くの志願者がいるという事は、安定的した勤務と収入が約束されているのかと思ってしまいます。
ところが看護師の離職率は決して低くはありません。希望を抱いて看護師になったものの、現実は厳しかったという事かもしれません。勤務先を辞めたとしても看護師を辞めるわけではありません。違う病院に転職するのです。
これは、看護師の仕事自体が嫌になって転職したのでは無いということを意味しています。
原因は人間関係でしょうか、それともより良い収入や環境を求めたのでしょうか。おそらくその両方だと思います。
いずれにせよ、一度看護師になった人間は、定年を迎える年齢まで医療の世界を漂流し続けるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>