Archive | 2月 2014

介護をしなければならなくなって・・・

ナースは人のお世話をする事が仕事ですが、自分自身の問題を抱えている人もたくさんいます。
私も二人の子育てが終わったと思ったとたんに、姑の介護問題が勃発しました。
関西に住んでいた母を急きょこちらに引き取ることになり、一緒に暮らすことになったのです。
いままでは特に気にすることも無く、シフトを組んでもらっていたのですが、主人の留守と私の夜勤が重なってしまうと、どうにも心配でなりません。
子供が見ていてくれるとはいえ、いつまでもお願いするわけにもいきません。なんとかいい方法は無いものか、思案中です。
友人ナースは「入院施設のないところに行けば、夜勤が無いからいいんじゃないの?」と言っています。夜勤をしなくてもOKという、求人を探す方法がわからないのです。

久しぶりの職場復帰への不安

子供を年子で出産したために、産休がしばらく続きました。
出産前までは外科病棟で、かなりハードワークをしていたので、
産休中はほんとに天国でした。
でもその半面、社会との接点がなくなってしまったことも、気がかりになっていたのです。
友人ナースと話をしていても、「○美(私のこと)は、優雅でいいよね~。私たち毎日戦場にいるみたい」などと言われます。
こういう言われ方をすると、逆に傷ついてしまうのです。
まだ子供は小さいけど、主人に相談をしたら「僕もサポートをするし、保育園のある病院なら復帰ができるんじゃないの?」と言われ、背中を押してもらったような気分になりました。
今は職場復帰を目指して、いろんな情報を収集しているところです。私みたいなブランクがあっても、大丈夫なのか心配です。

出産後、働ける環境が欲しい

5年前まで看護師として働いていました。
個人病院でしたが、入院施設もあり2交代制で夜勤も月に5~6回していました。
働き甲斐があり、ずっと続けていける職場でしたが、結婚し出産を期に辞めてしまいました。
預ける保育園や託児所もなく、親にも頼れない状況でしたので子育てをするには自分が職場を辞めるしかなかったです。
求職という形もありましたが、育児休暇が半年しかなくせめて1年欲しいと思っていましたが許可が降りませんでした。
今、子どもも手がかからなくなり、そろそろ復帰しようかと考えるときがありますが、医療の現場は日々進化しており、自分の居場所があるのか、自分には出来るのだろうかと不安でいっぱいです。
周りにもこういう状況で、看護師として復帰できない方が結構います。
せめて出産後、働きながら子育てができる環境が整っていれば、今も看護師として働いていたのにと思います。

接客業としての看護師

看護師の悩みは、何と言っても患者様とのやり取りでストレスがたまることです。
通常に接してくれる方や、多少のワガママは平気なのですが、中にはとんでもないクレームをつけてくる方もいます。
それは私たち看護師が窓口になって対応することが多く、それがとてもイライラします。
以前に若いお母さんが自分の子どもだけを特別扱いして早く診察させようとした時に、それを説得するのはとても苦労しました。
頑固な老人男性が、突然担当医を変更してくれ!と騒ぎ出し苦労したこともありました。
さらには若い男性に食堂の値段が高いということを言われたこともありましたが、私に言われてもどうすることもできません。
会計の待ち時間をお待たせしたことで、おばさんに激怒されたこともありました。
看護師は医療に従事さえしていれば良いというわけではなく、接客業としても対処せねばならず、そういったことが不得意な私にとってはそれが悩みのタネなのです。